新着記事

2017年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリ

アーカイブ

最新のコメント

ホクシンモデルの光熱費です!

2017年5月28日

暖房シーズンも終盤を迎え、この冬の光熱費の集計をしました。

2016年10月~12月が597Kw/hで¥10,059

2017年1月~5月で2293Kw/hで¥36,640

合計で¥46,699円となりました。

打合せの時は薪ストーブの利用などもしていますが、普段人が住んでいないことと、南面からの日射取得が不利なこともあってか、首藤家よりも条件は悪いようです。

一般電灯はというと、太陽光発電パネルを南東の壁面に設置して蓄電池に直接蓄電し、冷蔵庫と電灯に利用しているため、日ごろの電気代はパソコンの電源と一時的に使う電子レンジや掃除機などの機器だけになっています。

すべてを太陽光でまかなうことができれば良いのですが、蓄電池の容量などにも限界があるため、自立住宅になるまでにはもう少し時代の進歩が必要ですね!!

首藤家の光熱費2016!

2017年1月1日

あけましておめでとうございます!

首藤家の光熱費2016がまとまったので報告します。

7月にモニター中だった「eタイム3」から、

「ドリーム8」+「ホットタイム22L」に戻しての集計です。

電気の単価は建設当初よりも大幅に上がっているのですが、

燃料調整費が-3円前後と安定して還元されているためか、

思っていたよりも結果は良かったようです。

首藤家光熱費2016年1~12月

ホクシンモデルの光熱費です!

2016年12月19日

今年の6月にオープンしたモデルハウスの光熱費です。

壁面に太陽光パネル8枚を設置して蓄電池に充電し、

室内の電灯と冷蔵庫の電気は蓄電池から供給しています。

基本の暖房は地中熱ヒートポンプで確保し、

打合せの時などは薪ストーブに火を入れ加温します。

温水は太陽熱のパネルから貯湯タンクにお湯をため、

キッチンでの洗い物程度には充分に利用できるので、

ガスの給湯器は一度も稼働したことがありませんでした。

地中熱ヒートポンプによる暖房消費量は、

首藤家の暖房費(後日報告しますが)に比べると、

ちょっと割高になりそうですが、

普段人が住んでいないことや、窓からの日射取得が少ないことなどと、

暖房パネルの容量が少ないことで、

送水温度が少し高めになっていることなどが要因と考えられます。

ホクシンモデル光熱費2016年1~12月

首藤家の光熱費2015!

2015年12月24日

首藤家の光熱費2015年をまとめました。

今年は昨年11月より設置した地中熱ヒートポンプのモニターで、

暖房・給湯一体型のヒートポンプ機器のため、

電力メニューを「eタイム3」に変えての一年となりました。

結果的には¥46,489の負担となりましたが、

2014年の一年間の買電量とほぼ同じだったので、

電力メニューの違いによる費用負担が大きかったことと、

電気料金の値上げによる負担が影響しているものかと思います。

昨年までのホットタイム22は幹線が別系統となるため、

昼間の太陽光発電の電気は消費していませんでしたが、

eタイム3は暖房が同一系統となるため、

煖房期の昼間の発電はほぼ消費しているため、

売電量も昨年と比べて少なくなっていることも、

大きく影響されていることになります。

こちらが2015年で、下にあるのが2014年です。

首藤家光熱費2015年1~12月 首藤家光熱費2014年

 

首藤家の光熱費2014!

2014年12月26日

光熱費ゼロ住宅「首藤家」の光熱費がまとまりました!

今年は4月からの消費増税と、

11月からの電気料金の大幅値上げもあり、

光熱費ゼロにはわずかに届きませんでしたが、

使用電力量の合計は 2013年が7,808kwhで、今年度が7,751kwh

太陽光発電の売電量は2013年が2,613kwhで、今年度が2,977kwhとなりました。

我が家で一番長く点灯しているリビングのダウンライトをLEDの電球に変えたことで、

消費電力の軽減と売電量の増加にもつながっているのかもしれません。

また、12月から地中熱ヒートポンプシステムの新商品モニターを行うことになり、

暖房と給湯を一体型の地中熱ヒートポンプで稼働を始めました。

電力メニューも以前の「ホットタイム22」が利用できないため、

「eタイム3」へ切り替えてのモニターテストです。

電気料金は公平な比較にはなりませんが、

今後の使用電力量を昨年までのものと比較して軽減することができればと願っています。

首藤家光熱費2014年1~12月

首藤家光熱費2013!

2013年12月23日

首藤家の今年の光熱費の集計です。

9月からの電気代の値上がりと、

昨年からの寒かった冬の暖房費も影響してか、

今年はギリギリ光熱費ゼロを達成しましたが、

来年度はゼロとはいかないようですね。

一般電力の節約を試みるのもよいのですが、

居間のダウンライトをLEDに変えても1年で¥1,500ほども減額できるか??

少し考えてみようと思います。

首藤家光熱費2013年1~12月

ヒートポンプ暖房が止まっちゃいました!

2013年11月26日

25日朝! 起きてみるといつもよりひんやりとした室内!!

リビングの温度計を見ると、いつもは23度ほどの気温が19度ほどに!

暖房機のリモコンを見るとエラーは出ていない様子でしたが、

送水温度を表示してみると19度ほど??

なんか変だなと思い、28度にしていた送水温度の設定を35度に上げ、

家を出てきました。

夜帰宅すると、やはりいつもよりひんやりとした室内!!

温度計を見ると20度ほどのままになっていて、

暖房のリモコンで送水温度を確認するとやはり19度ほどになっている。

これはやっぱり止まっていると思い、車庫にある本体と室内を行ったり来たり、

何度スイッチを入れなおしても地中熱ヒートポンプは止まったままです。

5年が過ぎて初のハプニングです。

夜も遅いのでとりあえず予備の暖房機を持ち込み、

明日、暖房機のメーカーに連絡をすることにしました。

1050wの電気暖房機は意外と暖かく、

室内の気温も少し上昇を始めたようです。

故障の結果はまた後日報告します。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

猛暑に備えて!

2013年7月7日

今年も一層暑い夏になりそうだとかで、

この夏を快適に過ごすために買っちゃいました「扇風機」

最初は安い扇風機でいいやと思っていましたが、

聞いたことも無いメーカーの品物ですぐに壊れてしまっては悔しいと思い探していると、

店頭に並ぶ扇風機の中にDCモーターの表示を見つけました。

気になってよく見てみると消費電力が通常のタイプの約半分ほどになっている。

ちょっと高かったけど買っちゃいました。

以前にも扇風機を使って冷房パネルに風を当てていたことがありましたが、

数十年前の古い扇風機はさすがに壊れてしまい、

今年の猛暑に向けての購入です。

玄関横にある冷水パネルに風を当てることで冷房能力は上がると考え、

現在15℃ほどで循環しているパネルにできるだけ長い時間風を当て、

室内の気温の上昇を抑えることを目的として実験開始です。

今日現在(午後10時)の室内温度は26.7℃ほどで、

午前中が一番低く、夕方から夜にかけて室内の気温は高くなります。

エアコンのように冷たくはならないので、扇風機の風が不快に感じることは無く、

もちろん鼻やのどが痛くなるようなこともありません。

DCモーターで中くらいの運転をすると、消費電力は12W程度?

1か月運転を続けたとしても¥180円程度か??

少ないエネルギーで快適に過ごしたいものですね!

 

首藤家光熱費2012!

2012年12月22日

12月分の検針が終わり、2012年の光熱費がまとまりました。

昨年2011年と比較すると暖房費で53kw ¥1,724増えていました。

使用量の割に金額が増加しているのは燃料調整費と太陽光発電促進付加金、

および再エネ発電賦課金などによる電気単価の負担によるものでしょう。

ドリーム8も昨年より増えていて、昼間で59kw、深夜は-31kw減って¥4,886の増加!

太陽光発電は46kw増えて¥2,208多く売電しました。

昨年のトータルが-¥29,250で今年が-¥24,848なので¥4,402負担が増えたことになります。

LED照明のテストです!

2012年10月13日

首藤家の主照明をLEDにしようと考え、

第1回目のサンプルテストをしました。

4年間首藤家のリビングを照らし続けたのは、

大光のダウンライト DDF-2501LWで、パナソニックの蛍光灯(13W)がついていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回新しく取付したのは、

オーデリックのダウンライトで、

7WのLED電球が横向きではなく下向きに取りつくタイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

取りつけてみると、既存の蛍光灯(左側)に比べても、

同じ電球色とはいえ今回取り付けたLED(右側)のほうが白く光り、

ちょっとまぶしいように思えます。

また、下向きについているためか、やや明るくも感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、もう少しやわらかい明りがいいな~と思う首藤ですが、

13Wの蛍光灯から7WのLEDに代わると、

13-7=6Wで、リビングのダウン6個を取り換えると36Wの節電!

夜更かし気味の首藤は、一日平均7時間の点灯時間として36×7=252wh

1か月で7,560Wh、1年だと91,980Whとなり、

電気料金を平均¥20/kwhとすると¥1,840/年のお得??

これって案外たいしたことないような・・・?

もう少しお得かと思いましたが、

6台の照明器具を取り換えるのに¥40,000ほどかかるとすると、

元を取るには22年もかかってしまいます。

ちょっとがっかりですが、LED照明のテストはまだまだこれからです。

このページのトップへ