自然素材を活かす

丸三ホクシン建設の魅力の一つは、自然素材を使った風合いの豊かな家づくりのご提案です。

室内側に木の質感、風合い

まず、丸三ホクシン建設は、住宅の断熱を
高性能断熱材を外張りですっぽりと包み込む、SHS工法で施工しています。

そのため、断熱・気密性能、耐久性能などの高さはもちろんですが、室内側に構造材の木材が現わになります。

室内の壁、天井など多くの場所に木の風合い、質感、
そして大工さんの技の成果を見ることができるのも魅力の一つです。

外壁板張りの選択肢も

例えば、古民家の風合いが大好きなSさんは、
外壁に縦貼りの板材を採用しました。

サイディング等の工業製品は製造中止になることもありますが、板張りであれば何年後でも張り替えの材料を確保できるメリットもあります。

木材や塗装の色合い

こちらのお宅はカーポートの壁は抑えた色味のウッドロングエコの塗装、玄関ドアは明るい色の木を使い、内部の色とも合わせています。

明るい木の玄関ドア。積まれた薪が木とともにあるくらしを感じさせます。

札幌在住でありながら、自宅の前が山、というこちらの住まい。

2階から眺めると森の緑と室内の木の質感、家具が醸し出す雰囲気が合わさって
居心地の良いナチュラルな空間ができました。

無垢の木などナチュラルな素材を・・・

年月を重ねるほど風合いが良くなるものを・・・

この点でご主人と丸三ホクシン建設の住まい作りは一致しました。

キッチンにも自然素材を活用

オーダーのキッチン。キッチンスペースの壁に江別産レンガを使うことで、ナチュラルな風合いと高級感が高まります。

木の香りを楽しむバスタイム

ヒバの香り漂う、窓付きの明るいバスルームもユニットバスにはない魅力があります。

窓や床材にも木の質感

肌触りが良く、思わず裸足で歩きたくなる浮造り・無垢の床材。そして明るく開放感があるオーダーの木製窓も魅力です。

エクステリアも自然素材を活用

室内だけでなく、
エクステリアでも札幌軟石や植栽、
苔類などを使い、
狭い空間でも自然を感じる空間を演出できます。

自然素材の多彩な活用法

市街地で隣家との限られた約1メートルの空間を枕木や植栽で演出するなど、狭い空間も上手に活かしたいろいろな工夫が可能です。

外壁や室内にシックな風合いの塗装を採用したり、ユーティリティやキッチンなどに無垢材や集成材を使う、さらには家具や収納などにも自然素材を使うことができます。

丸三ホクシン建設は、日頃からこのように自然素材を使った家造りの実績とノウハウがあります。