• HOME
  • モデルハウス
  • 今まで施工した家
  • 自社設計施工物件 インタビュー
  • 建築家とのコラボ インタビュー
  • 大工さんご紹介
  • 光熱費0住宅
  • 社長ブログ
  • slow housu slow life
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • リンク

大工さんご紹介

HOME > 大工さんご紹介

工程管理・施工品質の鬼!

M'sエムズ巧建代表 棟梁 1級技能士
岡田 正洋昭和42年生まれ

岡田 正洋

「現場がいつ見ても綺麗!」とオーナーからも人気の岡田棟梁。専門職の工程も含め、現場の工程をしっかり統括。現場環境づくりが住宅品質に直結するという信念を持ち、時には他の大工の仕事に厳しい指摘をすることも厭わないホクシン建設大工集団のリーダー。オーナーや設計者のニーズにもしっかり対応する真摯な家造りができる。
元々ハウスメーカーの大工だったが父がホクシン建設で大工をやっていたため現場に参加。今までの現場は流れ作業で、住宅の構造を理解していなくてもできる現場だったことに気づき衝撃を受ける。ホクシン建設に移籍し、今では、大工の技能向上に貢献するため、自社の現場だけでなく、日本建築大工技能士会が主幹する訓練校の講師や、北海道技能士会青年技能士連絡協議会の副議長、議長などを歴任、現在は相談役として後進の指導に当たっている。平成27年度からM`sエムズ巧建代表として独立開業。引き続きホクシン建設の棟梁として活躍している。
「ホクシン建設の家造りは、作る側の大工にとっても面白く働ける。構造材が現しになる部分も多くごまかしが効かず、決して手を抜けない。最近ますます現場が面白くなってきた」

現場と施主、会社の橋渡し役として活躍

取締役工事部長 2級建築士 1級技能士
小林 大介昭和52年生まれ

小林 大介

大工、そして棟梁として活躍していたが、それにとどまらず現場仕事をしつつ平成23年には2級建築士の資格も取得。向上心を評価され平成24年に丸三ホクシン建設の事業拡大に伴って現場管理者に。現在は業務の大半が部材発注、施工会社手配、施工図の作成だ。また、基本設計ができて以降は、竣工に至るまで各オーナーとの打ち合わせにも加わって、顧客ニーズに応える重要な役割を担うため、常時4物件以上に関わっている。
若手時代は他の工務店で働いていたが、先輩大工がいて墨付けなどの仕事に従事する機会が少なく、技術向上できる環境を求めて平成16年にホクシン建設に入社した。コミュニケーション能力に優れ、職場内でもムードメーカー。元々大工だったので若手大工に仕事の指示や相談に乗ることもスムーズ。大工と会社、施主、協力会社などとの橋渡し役として活躍している。

スキルが高く仕事が早い現場の牽引役。

取締役工事課長 1級技能士 宅地建物取引士
膳亀 充徳昭和53年生まれ

膳亀 充徳

3年間訓練校で大工の基礎技術を学び平成9年にホクシン建設に入社。10代で父になり、以来家族のために奮闘し子どもも高校生に。まだ30代だが社内の大工ではベテランの域。抱負な現場経験をもとに大工として現場のリーダーを務めるとともに複数の現場管理も行っている。 作業スキルが高く仕事が早い、複数現場を同時に管理できるプロフェッショナル。「1日仕事が好き。決められた時間できっちり正確に仕事を終えて、段取り良く現場を後にできると達成感がある」という。 社内の人望の厚さはその仕事ぶりも要因だが、実は腕相撲で職場内最強。その身体能力の高さも男だらけの大工集団において一目置かれる要因らしい。 「ホクシン建設には有望な人が集まってくる。年下の大工も増え、もう私も若手じゃないのでむしろ自分が成長しなければならないと感じる。自分ができることでも、それを若手大工に教えるには、伝え方が難しい」と新たな課題にも挑戦している。

勤勉。天性の大工タイプ。

1級技能士
佐藤 英樹昭和46年生まれ

佐藤 英樹

責任感が強く物静か。室蘭の職業訓練校で大工の技術を学び大工になる。ホクシン建設の大工佐藤博正氏の息子。厳しい親爺さんの背中を見て育ったせいか勤勉さで現場をリード、常に高い技量を発揮しつづける天性の大工タイプ。「ここまで大工をやってこれたのは親爺についてきたから。親爺は昔からじっとしているのが嫌いでいつも働いていた。昭和14年生まれの父と一緒に現場に入れるのは心強い。まだまだ学びたいことがある」と話す。
当初はハウスメーカーの現場で働いて多くの棟数をこなしたが本格的に大工仕事に面白さを感じ始めたのは平成19年にホクシン建設に入ってから。佐藤氏曰く「濃い現場が楽しい。自分の仕事をやるのは当たり前、他の大工や専門職との連携、材料の調達など勉強することはたくさんある。竣工するたびに大工全員が集まってお互いの仕事を評価しあう中で刺激も受ける」という。

 

収納家具など作業場・製作専門で活躍

1級技能士
阿部 利之昭和52年生まれ

阿部 利之

ホクシン建設に家づくりを依頼する施主の中には、大工手作りの収納家具やテーブルなどに魅力を感じている人も多い。新築住宅に納める収納家具は家全体との調和も大事であり、また、家具職人に外注すると高額になってしまうため、望む収納家具を実現するには安く製作してくれる住宅会社でなければ望みを実現できないことになる。ホクシン建設は大工の腕を活かし、同時に木の風合いを活かした住空間をオーナーに感じてほしいと収納家具づくりに積極的に応じている。
これまでホクシン建設では現場の大工が工事の合間を見て作業場に入り、1週間以上の時間を費やし製作していた。しかし施工棟数が増え今まで以上に収納家具などの要望が増えたことと、大工が現場を空けることによる工期の遅れが課題の一つだった。
そこで、収納家具などの製作ではホクシン建設で随一の腕を持ち、収納家具作りも好きな大工の阿部利之氏を平成26年に専属として任命した。阿部さんは、施主の要望を踏まえ、新築工事とは別工程で収納家具やテレビ台、ドア枠、下駄箱などの製作を行い、新築工事の外部工事が終わった直後に収納家具を搬入、施工する。勤勉で真面目。温和なタイプ。阿部氏は「若手、中堅、ベテランの大工が揃い、特に若手がいて活気がある。自分も製作できるジャンルを広げてもっと施主に喜ばれるように頑張りたい」と抱負を語る。

 

板張りのカリスマ貴公子!

1級技能士
黒川 孝志昭和55年生まれ

黒川 孝志

膳亀さんと訓練校で同期。まだ若いが大工歴は11年。棟梁の岡田正洋氏に鍛えられ、高い技量を習得するとともに丁寧で綺麗な仕事を体得。特に外壁の板張りは材毎の節、色などの微妙な違いを現場で見分け、割り付けや開口部の収まりなどを丁寧に調整。外壁板張りの美しさは同業の大工からも高く評価され「板張りのカリスマ貴公子」と呼ばれることも。指導力も高くチームリーダーとして現場を任されている。
「ホクシン建設は物件数が豊富なので現場経験をどんどん積める。大工同士が仕事のやり方について話し合える環境、そしてオーナーのこだわりを実現すべく高い施工レベルを要求される仕事が多いため、意識しなくても大工が自然と鍛えられていくのがホクシン建設の魅力」と語る。

優しい人柄の2児のパパ。「社内に私より1ランクも2ランクも上の大工がいる。もっと頑張って腕を上げたい」と話す。

 

謙虚なオールラウンダー

1級技能士
渡辺 祐樹昭和49年生まれ

渡辺 祐樹

首藤社長が有望な大工を探していたところ、関連会社からの紹介で出会い、ホクシン建設に入社したのが渡辺祐樹氏だ。20年以上の大工経験を活かすオールラウンダー。
ホクシン建設に入社して「ここより良い会社はおそらくない」と感じるという。一番の要因は首藤社長が大工経験が豊富で、大工の仕事に理解があること。「大工は外注」だという意識の住宅会社も少なくないが、ホクシン建設は家造りの根幹に大工の施工力があると考えている点が働きやすさにつながるという。
「以前勤めていた工務店では若手扱いだったのに、ホクシン建設は若い大工が多く40歳の私は中堅扱い。建てた家の竣工時に大工が勢揃いして設計・施工上の工夫などを話し合う、先輩大工が若手の面倒をしっかりみる環境がある。大工同士が切磋琢磨する環境の中で私自身も教えることよりまだまだ覚えることが多いと感じる」と話す。

膨大な施工実績。温厚・真面目、一流の技量を備える大ベテラン

佐藤 傅正昭和14年生まれ

佐藤 傅正

ホクシン建設の大工さんの中で最年長。子どもの頃から住宅の建設現場で活躍する大工さんの姿を見て憧れていたという。小学校5年生の頃、友達が「佐藤君は将来何になるの?」と聞いてきたので「大工になる」と応えたそう。15歳で大工の世界に入り、師匠の子どもさんの洗濯もしながら一つ一つ腕を磨いていった。
 大手地場ハウスメーカーの専属大工として働いていたが不況の波を受けて仕事が減少。ホクシン建設の首藤社長とは技能士会の大工育成活動の中で縁があり、佐藤さんの真面目で仕事を決して休まないしっかりした仕事ぶりと温厚な人柄を見込んでホクシン建設に入社。
計算し作図をしたり、規矩術(きくじゅつ)を使って上り梁や屋根の隅木などを修めたりするといった「考えて、調べてレベルの高い大工仕事をする」ことが得意。若手大工をサポートするベテランだ。

息子とチームワークばっちり!物静かだが腕は一流

1級技能士
渡辺 秀一昭和23年生まれ

渡辺 秀一

子どもの頃、近所に大工さんがいたのがきっかけで大工に。もの静かだが、職人気質で仕事はきっちりこなす。「俺たちの年代の大工は一人ずつが一匹狼。ところがホクシン建設は、大工同士が腕を競いあい教え合う。仲間より綺麗に良い仕事をしたいと思っているから仕事の腕も上がる。こんなに大勢の大工がいるのにチームワークの良い会社に巡り会ったのは初めて」と話す。

息子の祐樹氏もホクシン建設の大工。現場でチームとして一緒に働く。現場でも親子で連携し、お互いが得意分野を担当することで親子で2人分以上の仕事をこなす。「現場では息子が職長として指揮している。現場では息子の足を引っ張らないように、支えようと思っている」。良い親子関係が仕事にも活かされている。

ホクシン一筋で施工も熟知。公私とも充実!

1級技能士
木村 勇介昭和60年生まれ

木村 勇介

新卒で丸三ホクシン建設に大工として入社。会長(首藤一弘社長のお父さん)宅に住み込みで働き始め、当初は各現場で建方をしながら体力を付け、トラックで材料運びなど下積みを経験。徐々に施工の経験を重ね担当できる分野を拡大。マイペースな性格だが、先輩大工に鍛えられ今では外壁や窓の収まりなど、ホクシン建設の住まい作りのこだわり、ポイントを熟知。墨付け、施工の収まりの腕も良い。大工歴も今では10年以上。後輩も増え、今では家一棟を担当できる能力を身につけた。
社会人になってから趣味でバレーボールのサークルにも入り、そこで出会った女性と平成26年に結婚。子宝にも恵まれプライベートも充実。ますます仕事にも力が入っている。
「高校で建築を学んだが、技術面や段取りなどはホクシン建設の現場で学んだことが殆ど。学ぶことは今でも多く、きっといつまでも勉強だと思う。墨付け、納め、段取りなど先を見通す力を高めもっと良い大工になりたい」と決意を込める。

子どもの頃からの夢「大工」を実現し修行の日々

1級技能士
熊谷 和也昭和60年生まれ

熊谷 和也

父が大工。小学校6年生の卒業式で「大工になる」と宣言。「木の匂いが好き。大工さんの姿が格好良かった」と思ったのが大工になったきっかけだった。父と同じ会社で2年勤務。木村勇介さんと訓練校の同期で、当初はホクシン建設の現場に応援大工として入っていたが、ホクシン建設の現場に惹かれ入社。当初は一番若手だったが今では何人も後輩がいる状況で指導的立場にも立つ。熊谷さんの担当現場で石膏ボードの素地仕上げなど几帳面で丁寧な仕事ぶりを見て、お客さんから仕事の指名が入ることも多い。
「もっと腕を磨いて、どのような現場、施工でも高いクオリティでこなせる大工になりたい」と話す。

日々現場経験を積み急成長中!

1級技能士
川俣 英太郎平成2年生まれ

川俣 英太郎

父親が日曜大工好きだった影響か、本人も小学校の自由研究などが楽しくて、建築の専門学校に進学。在来、2×4、型枠など住宅建築の基礎を学び平成24年にホクシン建設に入社。「現場では次から次へと新しいことを体験させてもらえるので、学ぶことが次々と出てきていつも新鮮な気持ちで働ける。指導いただいている岡田さんはもちろん、先輩の皆さんが何でも教えてくれるので働きやすい」という。「いつかは棟梁になりたい!一級技能士も取得しました。現場経験も身につけてもっと成長したい」と話す。

異色の経歴。大工の道は始まったばかり

3級技能士
村田 直也昭和62年生まれ

村田 直也

バスケットボールで国体出場経験、大学非常勤講師から一転、大工の道への転身を目指す異色の経歴。
建設業に管理職として勤める父の紹介で首藤社長と面接!陶芸や民芸品を手掛ける祖父にも影響を受け建築・ものづくりに興味を持ち、進路を変えようとする意気込みを買って丸三ホクシン建設へ入社。経歴の中で建築の基礎知識を身に着けることはできなかったが、大工作業を通じて学習し、建築士などの資格も目指す。
先輩大工の元で仕事を教わり、働きつつ学ぶ日々だ。

「朝は6時起き。大工の仕事はスポーツとは違う体力が求められる。現場では毎日毎日新しく学ぶことがあるので一つ一つ身につけていきたい」と意気込みを語る。

先輩に聞きやすい職場環境に感謝。資格取得も目指す

2級技能士
板倉 和也平成5年生まれ

板倉 和也

子どもの頃から大工になりたいと思っていて職業訓練校に入学。2週間のインターンシップで丸三ホクシン建設の現場に参加し平成26年4月入社。「実際働いてみて、他の住宅会社で働く同級生の話を聞いたりすると、やっぱりホクシン建設を選んで良かったと思う。先輩がしっかり教えてくれるホクシン建設の社風は、住宅業界では必ずしも当たり前ではない。日給月給で働く他社の大工さんは工期に追われ若手を教えている余裕はないが、ホクシン建設の先輩は丁寧に教えてくれる。聞かなければ分からないことも多いし、例え分かったとしても先輩に確認せずにやるわけにはいかないので、仕事を進めるには『先輩に聞きやすい』というのはとても大きい」と話す。日々現場で腕を磨いて、一級技能士、そして二級建築士の資格取得も目指している。

この14名の大工が、自社設計の工事を始め、社外の建築家の課題にも立ち向かい、オーナー様の要望に応えようと日々研鑽を積んでいます。住まいに関するご相談はぜひ株式会社丸三ホクシン建設までお願いします。

このページのトップへ